FC2ブログ

FXシステムトレード運用記録

安月給のサラリーマンがFXでどこまで資産を増やしていけるか。実践を通じて確かめていきます。より快適に取引できるように工夫した自作ソフトも提供中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤字の確定申告における住民税

↓3つクリックで順位UPのご協力お願いします!
人気ブログランキングへ相互リンクとランキングプラス

確定申告において
赤字申告を行った場合の住民税についてどのようになるかを書いてみます。

僕は会社員と個人事業の兼業なので、その場合のお話となります。

毎年2月16日~3月15日に税務署に提出する確定申告書には
住民税の徴収方法を「普通徴収」と「特別徴収」から選択する欄があります。

しかし、赤字申告の場合はこの欄は使用されません(個別に還付されません)。
どちらの徴収方法を選択しても給与から天引きされる住民税が減額されます。
減額される金額については毎年5月になるとお住まいの市区町村の役所(役場)から
勤務先経由で渡される書類で確認することができます。

この時点で勤務先にも減額分の住民税が分かります。
勤務先が副業を禁止している場合があるので、各自の自己責任でお願いします。
(事業所得が黒字の場合で普通徴収を選択した場合も勤務先に知られる可能性があるそうです)

なお、普通徴収と特別徴収の違いは下記のとおりです。

【普通徴収】
 該当年度の住民税(事業分)についてお住まいの市区町村から自宅に
 納付書(請求書)が郵送され、自分で納税手続きを行う形式です。
 (住民税の給与所得分のみが勤務先から市区町村に納付されます)

【特別徴収】
 該当年度の住民税(全額分)についてお住まいの市区町村から勤務先に通知され、
 その金額の住民税が給与から天引きされる形式です。
 (住民税の全額が勤務先から市区町村に納付されます)


この記事が、確定申告する人にとって何かの役に立てば幸いです。


↓励みになりますので応援クリックお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dreamwithfx.blog61.fc2.com/tb.php/210-2066f9e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

  • 2012/05/07(月) 16:26:20 |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。