FXシステムトレード運用記録

安月給のサラリーマンがFXでどこまで資産を増やしていけるか。実践を通じて確かめていきます。より快適に取引できるように工夫した自作ソフトも提供中です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤字の確定申告における住民税

↓3つクリックで順位UPのご協力お願いします!
人気ブログランキングへ相互リンクとランキングプラス

確定申告において
赤字申告を行った場合の住民税についてどのようになるかを書いてみます。

僕は会社員と個人事業の兼業なので、その場合のお話となります。

毎年2月16日~3月15日に税務署に提出する確定申告書には
住民税の徴収方法を「普通徴収」と「特別徴収」から選択する欄があります。

しかし、赤字申告の場合はこの欄は使用されません(個別に還付されません)。
どちらの徴収方法を選択しても給与から天引きされる住民税が減額されます。
減額される金額については毎年5月になるとお住まいの市区町村の役所(役場)から
勤務先経由で渡される書類で確認することができます。

この時点で勤務先にも減額分の住民税が分かります。
勤務先が副業を禁止している場合があるので、各自の自己責任でお願いします。
(事業所得が黒字の場合で普通徴収を選択した場合も勤務先に知られる可能性があるそうです)

なお、普通徴収と特別徴収の違いは下記のとおりです。

【普通徴収】
 該当年度の住民税(事業分)についてお住まいの市区町村から自宅に
 納付書(請求書)が郵送され、自分で納税手続きを行う形式です。
 (住民税の給与所得分のみが勤務先から市区町村に納付されます)

【特別徴収】
 該当年度の住民税(全額分)についてお住まいの市区町村から勤務先に通知され、
 その金額の住民税が給与から天引きされる形式です。
 (住民税の全額が勤務先から市区町村に納付されます)


この記事が、確定申告する人にとって何かの役に立てば幸いです。


↓励みになりますので応援クリックお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

確定申告(青色申告)を済ませました(赤字申告の概要)

↓3つクリックで順位UPのご協力お願いします!
人気ブログランキングへ相互リンクとランキングプラス

先日、確定申告(青色申告)を済ませました。
日商簿記3級程度の知識と経験はあるのですが
個人事業特有の仕訳や、FX取引の仕訳方法などが不慣れで
いろいろネットで調べたり試行錯誤しながら、
一年分の帳簿を一ヵ月半ほどかけて戦い続け、記帳しました。


ネットでいろんなサイトを見ながら調べたのですが、
その中で特に重宝したのは、下記のサイトです。

FX青色申告ガイド!
http://fxaoiroshinkoku.nobody.jp/

FXの税金と確定申告ガイド!
http://fx-shinkoku.fool.jp/index.html

個人事業の経理、青色申告や節税.com
http://taxsoho.blog90.fc2.com/


今回は赤字決算だったのですが、
その場合の申告方法についてネットであまり書かれていないので、
こちらについても調査に時間がかかりました。

青色申告の場合は赤字を最大3年間繰り越せるのが
メリットのひとつなのですが、
サラリーマンとして給与所得もある場合は
このメリットを活かせることは少ないと思います。
その代わりに給与所得の所得税が一部還付されます。


給与所得と事業所得がある方の赤字の扱いを大まかに書きます。
(概要をつかむために大まかに書いてますので、細かいところは割愛します)

①事業所得を計算する。
 赤字の場合は、青色申告特別控除(10万円 or 65万円)を受けることはできない。
 事業所得(赤字の場合は0円とみなす)と青色申告特別控除(10万円 or 65万円)
 のうちの低いほうを控除額とするため。

 ※65万円の青色申告特別控除を受けるためには、
  他に貸借対照表を税務署に提出する必要があります。
  (「賃借対照表」(ちんしゃくたいしょうひょう)ではなく
   「貸借対照表」(たいしゃくたいしょうひょう)です。
   別名で「バランスシート」(貸方と借方の対照表)とも言います)

②給与所得を計算する。
 あらためて計算するまでもなく、給与所得の源泉徴収票を用意すればOK。

③事業所得と給与所得を合算する。
 プラスの場合: 事業所得の赤字を翌年に繰り越すことはできない。
       その代わり、赤字相当分を基に給与所得の所得税が一部還付される。
       事業所得単体でプラスの場合は、申告所得税を納付する必要あり。

 マイナスの場合:マイナス分を翌年に繰り越すことが可能(最大3年)
       ただし、きちんと青色申告していることが条件。
       加えて、赤字を繰り越すための申告書を期限までに提出する必要あり。

 ※所得金額が5000円以上で、e-Taxにて電子申告した場合は、
  電子証明書等特別控除(5000円。平成19年から平成22年までで一度のみ)
  を受けることができる(確定申告書に、控除を受けるための記載が必要)
  ただし、所得金額が5000円未満のときに電子証明書等特別控除を受けると、
  その所得金額のみが控除される(控除金額が5000円に満たなくなる)
  この控除は一度だけ適用可能のため、一度でも控除を受けると、
  他の年に控除を受けることができなくなるので注意。


以上です。
ただし、住民税についてはここで触れませんので、ご了承ください。

それと、確定申告の細かい内容は個々によって異なりますし、
そのために細かい方法は税務署によって判断が異なる場合があります。
(細かい部分まで全国で統一されているわけではありません)
そのため、疑問点があれば、所轄の税務署に確認するほうが確実です。

この記事が、確定申告する人にとって何かの役に立てば幸いです。


↓励みになりますので応援クリックお願いします。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

青色申告承認申請書を提出してきました。

↓3つクリックで順位UPのご協力お願いします!
人気ブログランキングへ相互リンクとランキングプラス

記事にするのが遅くなりましたが、
3月16日(月)に青色申告承認申請書を税務署に提出してきました。
提出を受け付けた職員の方に、記入内容に不備がないかを確認してもらいましたが、
問題なかったようです。
(あとは、年内に税務署から連絡がなければ申請が通ったことになります)
提出時に、「開業届は提出しましたか?」と聞かれたので、
「電話相談で、『すでに事業所得として確定申告&納税していれば、開業済とみなされるので、開業届を提出しなくて良い』と言われたので、開業届を用意しませんでした」と答えました。
電話相談とは、税務署に電話すると国税庁に転送され、税金に関する相談を受けることができるサービスのことです。
僕の細かい質問に、とても親切に丁寧に答えていただきました。

僕の場合は、平成20年分の確定申告時に税務署の担当者に相談した結果、
平成20年分は事業所得の白色申告として確定申告したので、
個人事業としての開業も平成20年分からとみなされたということになり、
平成21年分からの青色申告の申請の場合は開業届が不要ということになります。

一般的には、1月1日から開業するとして、それと同時に青色申告する場合は、
『開業届』と『青色申告承認申請書』の両方を
その年の3月15日(お休みの場合は翌日)までに所轄の税務署に提出する必要が
あります。

最後に、僕が申請書に記入した内容を書きます。

■納税地
 自宅での事業のため、『住所地』に○印をつけ、住所と携帯番号を書きました。

■上記以外の住所地の事業所等
 自宅のみでの事業のため、空欄のままにしました。

■氏名
 本名(当然ですね)を書き、認印を押しました。

■生年月日
 本当の生年月日(これも当然ですね)を書きました。

■職業
 『インターネット関連事業』と書きました。
 現在の運営内容の場合は『WEBサイト運営業』と書いても良かったのですが、
 将来的に、もっと幅広く事業を行うかもしれないので、この言葉にしました。

■屋号
 開業届を出していませんし、確定申告時にも屋号を記入しなかったので、
 空欄にしました。
 一応、屋号を考えていましたが、これがなくても営業面や経理面で困ることはない
 ので、最終的に空欄にしました。

■開始年
 『平成21年分以後』としました。

■1 事業所又は所得の基因となる資産の名称及びその所在地
 『名称』は空欄、『所在地』は自宅の住所を書きました。
 もしも屋号があれば、『名称』にそれを書くことになったかもしれません。

■2 所得の種類
 『事業所得』に○印をつけました。
 ※他の選択肢は『不動産所得』と『山林所得』でした。

■3 いままでに青色申告承認の取消しを受けたこと又は取りやめをしたことの有無
 『無』に○印をつけました。

■4 本年1月16日以後新たに業務を開始した場合、その開始した年月日
 僕の場合は開業済とみなされるので、空欄にしました。

■5 相続による事業継承の有無
 『無』に○印をつけました。

■6 その他参考事項
 『複式簿記』に○印をつけました。
 僕はそのまま変更しないで複式簿記で確定申告すると思いますが、
 ここで選択した簿記方法に関わらず、簡易簿記で確定申告しても良いようです。
 要は、提出書類が完全なものであれば良いということのようです。
 気になる方は、上記の電話相談を受けてみてください。

あと、用紙は国税庁のサイトからPDFファイルをダウンロードし、
それを印刷後に、手書きで記入しました。
申請書を2部つくり、税務署で両方に受付印をもらい、
片方を提出、もう片方を『控え』として持ち帰りました。
今後、何かの証明の際に使うことになるかもしれません。

ちなみに、もしも開業届を提出したとして、その控えも手元にある場合は
それを証明書類として、イーバンク銀行で法人口座を作成することができます。
僕の場合は開業届を提出してませんし、屋号も届出していないので、
もしも今後、屋号で法人口座を作る場合は、屋号を届出し、
イーバンク以外の銀行で法人口座を開設することになると思います。
でも、屋号での銀行口座はつくらないと思います。
個人の銀行口座での業務上の取引は『事業主借』と『事業主貸』として帳簿をつけます。
経費も公共料金は家事按分として『事業主借』と『事業主貸』の勘定科目を使用します。
複式簿記では、個人の財布と事業の財布は、最低限でも帳簿上で区別して管理する必要がありますからね。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

確定申告してきました。

↓3つクリックで順位UPのご協力お願いします!
人気ブログランキングへ相互リンクとランキングプラス

3月1日に、確定申告してきました。
この日は日曜でしたが、特別に開催されていました。

2008年の一年間の収支を分類し、エクセルにまとめたものを印刷して
税務署に持参しました。
それを税務署の相談担当者に見せたところ、
雑所得ではなく事業所得として申告するように言われました。
内訳は、FX収支、アフィリエイト収支、ネットオークション収支ですが、
経費も多かったので、税務署の担当者に事業所得と判断されたのかもしれません。

申告書B(白色申告)にて電子申告(e-Tax)し、
内訳書を別途提出しました。

事業所得であるなら、今度は複式簿記で青色申告しても良いかも。
FX収入がもっと増えたときに
個人事業化や法人化を視野に入れるためのステップになりそうです。
そのときには今勤めている会社の今後も考えないと。


初めて確定申告する人は とてもドキドキすると思いますが、
つまりは、一年間の収支をまとめ、それを元に計算した税額を
税務署に申告するのが確定申告です。
その後に税金を支払うことになります。

-------------------------------------------------------------
僕が参考にしたブログのURLを書きます(お勧め順)

http://cherry1126.blog52.fc2.com/blog-category-109.html


http://cherry1126.blog52.fc2.com/blog-entry-1103.html


http://plaza.rakuten.co.jp/ryukunusamimi/diary/?act=reswrite&res_title=%B3%CE%C4%EA%BF%BD%B9%F0%A4%CE%BA%EE%B6%C8%A5%E1%A5%E2%A1%CA%CA%BF%C0%AE19%C7%AF%CA%AC%A1%CB&d_date=2009-02-05&d_seq=1&theme_id=0


-------------------------------------------------------------
不明点がある場合は、税務署に問い合わせると間違いありません。
所轄の税務署によって判断が分かれる場合もあるので、ご注意くださいね。


↓励みになりますので応援クリックお願いします。

テーマ:FX(外国為替証拠金取引) - ジャンル:株式・投資・マネー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。